読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HTC 7 Surround を買いました&初期不良交換でどたばた

Mobile WP7

少し前の話になるのですが、AT&T版の HTC 7 Surround を購入しました。

もの自体はすばらしかったのですが、見事に初期不良を引いてしまい、ごたごたしました。その顛末を記してみようかと思います。

どうしてSurroundに?

やはり、横にスライドするとか余計なギミックがなんとなくハートを射止めた感じです。

周りがTrophyやHD7を買っていく中、せっかくだから他の人が持っていないものがほしいと思っていたところでもあったのですが、SIMフリー版はなかったので、そのときは「Surround買えるなら買う」と言いふらしていた感じでした。

購入、そして到着

そんな中、HTC HD7を自分でアンロックしました [更新あり] - ななふぉをみて、AmazonWirelessから転送業者経由で個人輸入してSIMアンロックという方法を知ったので、同じ方法でAmazonWirelessのサイトからReplacement Phone(電話本体のみ)を購入しました。$469.99でした。

注文したのが11月28日、発送が11月30日。その後転送業者に12月2日に到着、転送業者の元から翌日発送され、手元に12月8日に到着しました。

Expansysなどが6万円を指す中、4万円台で収まってお得!このときはそう思っていました。

記憶喪失の電話

しかし、早速電源を入れてみると動作がおかしい。初回起動したのに初回起動画面があがってこない。怪訝に思って再起動してみるとようやく初回起動に。

しかしその後も謎の再起動を繰り返し、再起動してくると完全な初期状態に戻ることがありました。この時、phone information を見ると10GB以上あってしかるべきTotal Storage が 50MBくらいしか認識されていない。しばらく再起動を繰り返すとデータは元通りに復活してくることから、ストレージとして接続されているmicroSDが壊れているものと判断しました。

「Windows Phone 7はmicroSDの相性がシビアで、カードの交換がサポートされていない」とはよく言われていますが、その中でも大ハズレのカードを引いてしまったようです。

また、SIMアンロックはななふぉさんで紹介されていたサイトではSurroundに対応していなかったので別のサイトで申し込んだところ、全く返答なし。こちらでもハズレを引いてしまいました。

交換の交渉

AmazonWirelessの交換の説明を読んだところ「まずは電話してね!」と書いてあったのですが、当然国際電話、英語になってしまいます。Global Summit であうあう言ってた記憶が思い出され、手振り身振りでやっと突破していたところを会話だけでなんて無理...泣き寝入りしかないのか...とTwitterで嘆いていました。

が、全体的なサポートの窓口はあるんじゃないかとContact Usを見てみたらカスタマーサポートのメールアドレスを発見。早速状況を書いて、「電話できないんですけど」と書き添えた上でメールで問い合わせ。

すると、ものの3時間しないうちに「ごめんね。新しいの送ったよ!」とメールが!はや!!

同時に転送業者にも問い合わせていたのですが「交換品など、商品に価値がないものはEMSでないと発送できない」とのことなので、オプション発送のEMSを選択。宅配業者を使うよりちょっと転送料が上乗せされます。

返送に四苦八苦

代品の発送と同時に、返送用ラベルが送られてきたのですがアメリカ国内のみの対応。さらに問い合わせてみると、「日本から返送するならそっちで送料持ってね」とのこと。

で、携帯電話の発送はリチウム電池の航空機搭載制限でひっかかってくるのでいろいろ面倒だという話を、同じく初期不良引いてしまった初音さんに聞かされました。ググってみると、Kindleを輸入して不良引いた人達が結構困っていたようで(Amazon Kindle返品に悪戦苦闘。 - flamingoのひとりごと)、みなさん最終的にUPSにたどり着いていました。

集荷に来てもらうのは深夜しか家にいないので無理。よって行ける範囲の営業所を探してみると、通勤経路にMAIL BOXES ETC 大阪岶尾店を発見。終業後持って行って「携帯電話なんですけど送れますか?」といったらすんなりOK。書類を書いてさくっと発送完了しました。

が、その送料がすごかった。0.5kgで11,088円…。EMSで送れば1,500円で済むところがこのお値段です。辛い…。

で、結局どうだった

すでにカードの請求が一部確定していて、かかったお値段もしっかり判明してきました。初期不良交換にかかった費用を考えると逆に高くつく結果に…。ぐすん。

HTC 7 Surround 本体 $469.99 ¥40,234
転送料(宅配業者使用) $32.00 ¥2,737
関税 ¥1,700
SIMアンロック(ハズレ業者) $9.99 ¥854
何もなければ ¥45,525
転送料(EMS使用) $46.73 ¥3,997
返送料(UPS) ¥11,088
SIMアンロック(今度はちゃんときた) €35 ¥3,971
追加でかかった費用 ¥19,056
トータル ¥64,581

また、T-MobileはHTC HD7で英語のみサポートか? どうなる日本語 [更新有り] - ななふぉ*1で書かれていた「T-Mobile版HD7は英語しかサポートしない」問題は、AT&T版Surroundでも同様でした。おいおいそこはキャリアにコントロールさせちゃいけないとこだろ。何考えてるんだ!って感じ。

そういうわけで、転送業者を使っての現地版入手は初期不良の問題もあるし将来的な言語サポートの問題もあるのでおすすめしません。今WP7を買うだけでもハイリスクなので、おとなしく Expansys とかで買う方が安全だと思います。

*1:その後の更新で、開発スケジュールの問題であったと書かれていますが、キャリアがコントロールできるという点は変わっていないので、アジア言語のサポートとか向こうからしたらどうでもいいと考えて切ってくる可能性はぜんぜんあります。