読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハードウェアの安全な取り外し」をSylpheenから使う。

Software

うちはだいたいタスクトレイのアイコンを隠してWindowsを使っているわけだけども、USBメモリをつなぐとはずすときにわざわざトレイアイコンを展開して、トレイアイコンをクリックして取り外す機器を選ぶ、という面倒なことをする必要があり、できればキーボードで済ませたいなと思っていました。

で、Going My Way: USB 機器を安全に取り外す「ハードウェアの安全な取り外し」ダイアログをコマンドランチャーから出す方法という記事が自分が愛してやまないSylpheenでも同じ設定をやってみた。

手順としてはこんな感じ

  1. 「ランチャ設定」を開いてショートカットの設定タブから「ファイルを追加」ボタンで「C:\Windows\System32\rundll32.exe」を選ぶ。
  2. 追加された項目を選んで、コマンドライン引数に「shell32.dll,Control_RunDLL hotplug.dll」と入れる。
  3. 「アイコンの変更」を押して「C:\windows\System32\hotplug.dll」のアイコンにする。
  4. あとは起動コマンドにお好きなコマンドを。うちは「ejectusb」としました。ホットキーを設定してもいいですね。

あとは、ボタンランチャ側、コマンドランチャ側のどちらからでも呼び出すことができます。

このね、ej[enter]でウィンドウが立ち上がってあとは普通にキーボードで操作できるのがたまりませんね。コマンドから「ejectdrive k」 とかできたらもっといいかもしれないなー。今度作ろうかなー。