読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows Phoneでスクリーンショットをとる

WP7

いきなり遅刻ですいません。
Windows Phone Advent Calendar : Consumer Track Day 1 です。

わりとアプリの開発ネタとか、アプリ作りましたとかいう話は結構多いのですが、こんなアプリを便利に使ってますとか、このアプリで人生変わりました!とかそういう話がiPhoneAndroidより少ないなーってことで、純粋にWindows PhoneのLife changingな使い方にフォーカスしてみようと思って立ててみました。
いやー、あれですね。企画趣旨が伝わらなかったのか、Windows Phoneを開発か積んでタワーにする以外に使ってる人がいないのか、全く人が集まらなくて"ひとり"化してしまいましたね。

先日落として割ってしまったIS12Tが基盤交換で結局バックアップをリストアできなかったんで、それをリストアしながら、僕のIS12T活用法を紹介していきます。WP8についてもわかるところは補足していこうと思っています。散々既出のところもあるかもしれませんが、そこはあえてこのシリーズで触れる方向けにということで、いこうとおもいます。

まずは、スクリーンショット。WP7ではスクリーンショットを基本的にはとることができません。著作権保護コンテンツに配慮してこうなっているのですが、でもblog書いたりとかするのに不便です。。

裏口を見つけた人達によって、開発者向けの端末ではXAPファイルをインストールすることによってできるようになっています。ななふぉの過去記事からインストールしましょう。*1

インストール後、アプリを起動して「start capture task」を押し、その後スクリーンショットを撮りたい画面でシャッターを半押しすればPictures Hubに保存されます。JPEGで保存されるのか、画質はちょっと残念です。

なお、Windows Phone 8 では標準機能となっており、電源とスタートボタンの同時押しでとれるようになっています。

*1:って、いま見たらリンク切れてました。ネタ元をたどってダウンロードしましょう