読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows Phone 7のアプリを申請する (1) 申請編

Dev WP7

そんなわけでWindows Phone 7のアプリを申請したのでその手順をご紹介します。事前にApp Hubの登録は終わらせてあることを前提にします。

まず、App HubのダッシュボードからWindows Phoneを選び、新しいアプリケーションの申請を選びます。申請画面はSilverlightで作られているのでまだインストールしていない方は事前にインストールしておきます。

次に、基本情報の入力になります。

  • アプリケーションの名前
  • アプリケーションのプラットフォーム
    • Windows Phone 7, Windows Phone 6.5, Windows Phone 6.5,6.1,6.0 が選択できます。今回はもちろんWindows Phone 7
  • バージョン
    • 何もなければバージョンは1.0に。その後もMarketplaceへのリリースごとに0.1刻みで動かすようにした方がよいです。
  • アプリケーションのパッケージ
    • Releaseビルドしたxapファイルを選択します。
  • 開発者メモ
    • 自分用のメモ欄でしょうか?空欄でいいと思います。
  • テスターノート
    • 審査をしてもらう際にこれをしないと動かない、というような情報があれば入れておきます。
    • 今回はTwitterアプリだったので、Twitterの審査用のIDを書いておきました。
  • 技術的な例外適用を必要とする
    • チェックなしにします。どういうときに使うのかはよくわかりません。

次へを押して進みます。今度の画面は概要の入力です。

  • アプリケーションのタイトル
    • そのままでいいと思います
  • カテゴリ
  • サブカテゴリ
    • カテゴリによっては選べない場合もあります
  • 詳細説明
    • Marketplace のアプリ詳細画面に表示される説明です
  • アプリケーションの概要説明
    • どこに使われるかよくわかりません。使用可能な文字数がかなり少ないです。
  • キーワード
  • 法的情報のURL
  • サポートの電子メールアドレス

次を押して進みます。今度の画面は画像のアップロードです。

が、この画面を見て口があんぐりするのは僕だけじゃないはず!多いわ!!

でも、実際あげないといけないのは4枚だけで、あとはオプションです。

  • アプリのアイコン
    • 以下3種類が必要です。
    • 173x173
    • 99x99
    • 200x200
  • 背景の画像
    • featuredになってMarketplace Hubのトップに表示される際に使用される、Panoramaの背景画像だと思われます。
  • スクリーンショット
    • 400x800で1枚以上8枚までアップロードできます。

次へを押して進みます。今度は価格設定。

  • 試用版のサポート
    • 試用版をサポートするアプリの場合チェックを入れます。試用版をサポートする場合はその処理をロジックに含める必要があります。
  • 全世界への配布
    • デフォルトチェックオン。今回は入れたままにしました。
  • 主な提供通貨
    • たぶんUSDでいいとおもう
  • アプリケーションの価格
    • 価格を選びます。無料の場合は $0.00
  • すべての価格
    • その価格設定で各国でいくらになるかを教えてくれます。

次へを押して進みます。最終ステップです。

  • 認定を通過したあと、自動でMarketplaceへ送信します。
    • 自分でカタログへ送信を押したかったので、今回ははずしておきました。

この画面を送信する前に、ここまでのステップが問題がなかったかよく確認してください。現状 App Hub ではDeveloper Reject がサポートされていないので、ここで送ったら審査の結果がOKがでてMarketplaceに公開されるか、NGが確定するまで差し替えができません。そして、バージョンアップを提出しないと説明などのメタデータも変更することができないようです

次へを押すと完了です。お疲れさまでした。

次のエントリで、審査通過後の流れを紹介します。